fc2ブログ

2015/04/14(火) 10:17:00 [「食」の安全対策]

20140201000 
ファーストフード店で多用されるアルミ鍋

 ラーメン店チェーン7店の調査が3月に完了しました。訴訟を受ける事態も有り得るため、報告の方法を検討中です。結論からいえば、佐野実氏の系列と他、「ぎょうざの王将」のシニア向けメニュー以外で、スープに中国産チキンエキスなどを含む「業務用」を使用しているチェーンが5つ。麺に中国産小麦粉を使用している(または混合している)チェーンが3つ。

 海苔に韓国産(または中国産)を使用している店舗が5つ。メンマは6つが中国産ということが判ったという状況です。いずれの報告にご注目いただきたく思います。

----------

アルミ鍋も多用されている

 調査で得たその他の情報として、アルミ鍋を多用している現状も判りました。アルミ鍋の安全性については賛否両論が有り、私達も調査中です。ここでは議論しませんが、関心をお持ちの方にはご参考の一つとしてください。

 ラーメンチェーンの他に、カレーチェーン、ファミレスでも多用されてます。

20150414002
調査隊のワンショット(ファミレスの一例)
--------

 続報でまた。それから余談になりますが。クリックをお願いするメッセージに赤文字を使用して来ました。島津博士が平成18年8月に、読者の方からランキングバナーに使用すれば目立つという提案を受けてそれ以来座長が使用し、スタイルを私たちも踏襲していました。しかし、座長が発見されて指摘した「朝鮮書き」をヒントに私たちも気づきました。朝鮮系の文中に多用されている赤文字と同じような誤解を私たちが受けることもあるため、座長と調査隊との確認の話し合いにもとづいて廃止することにしました。応援をお願いします。

平成27年4月14日 齋藤

-----------

敷島調査隊につき

 敷島に有るべき大計は、二十年、三十年後、さらに五十年後、百年後を見据えたまさに「人の育成」にその根幹をなすものであるべきであり、身の郷里の伝統でもあります。国思う活動を通じての、 あらゆる場を通じての若者への問いかけと育成、ひいてはこの先での国思う大学(敷島大学)を通じての数多の人材輩出に身を捧げてまいります。

 以前からお話しして来たことですが、敷島民間防衛調査隊の活動はその実地研鑽の場であり、私兵組織の類では在り得ない。間違って私兵組織になれば直ちに解散します。敷島の次代のために、臨機応変に、且つ機敏に人を守り国を護る心の素地を各人個々それなりに鍛え上げておく。そのための場に過ぎません。力を合わせて国害を共に退治してまりましょう。

(平成25年8月23日の座長伝達より)
----------
 メルマガ「週刊特亜犯罪」(登録・配信無料)も宜しくお願いします。
-------

 ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

日本を毅然と護ろう!     
20140331007
敷島の桜花 (壁紙)(島津座長撮影)(平成26年)
----------

↓携帯からも応援を! 
http://blog.with2.net/link.php?1655479
-------
↓国体の護持と弥栄に通ずる一年を!と応援くださる方はクリックを!
20140201000

2015/04/14(火) 10:01:00 [おしらせ]

20140201000 
先ずはメルマガから発信力を強化

 皆で発信力を強化して行こうと内々で話し合った結果、4月15日から、メルマガ「特亜犯罪」を三日に一度のペースで発行させていただくことにしました。

 私と齋藤、南條、藤原(または伊藤)、濱中、座長(または「鑑識君」)のローテーションでどしどし発信してまいります。ご登録と応援をお願いします。

平成27年4月14日 鳥濱
-----------

敷島調査隊につき

 敷島に有るべき大計は、二十年、三十年後、さらに五十年後、百年後を見据えたまさに「人の育成」にその根幹をなすものであるべきであり、身の郷里の伝統でもあります。国思う活動を通じての、 あらゆる場を通じての若者への問いかけと育成、ひいてはこの先での国思う大学(敷島大学)を通じての数多の人材輩出に身を捧げてまいります。

 以前からお話しして来たことですが、敷島民間防衛調査隊の活動はその実地研鑽の場であり、私兵組織の類では在り得ない。間違って私兵組織になれば直ちに解散します。敷島の次代のために、臨機応変に、且つ機敏に人を守り国を護る心の素地を各人個々それなりに鍛え上げておく。そのための場に過ぎません。力を合わせて国害を共に退治してまりましょう。

(平成25年8月23日の座長伝達より)
----------
 メルマガ「週刊特亜犯罪」(登録・配信無料)も宜しくお願いします。
-------

 ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

日本を毅然と護ろう!      
20150414001
敷島の桜花 (壁紙)(島津座長撮影)(平成27年)
----------

↓携帯からも応援を! 
http://blog.with2.net/link.php?1655479
-------
↓調査隊を応援くださる方はクリックを!
20140201000


2015/04/03(金) 09:07:00 [おしらせ]

20140201000 
「博士の独り言」維持委員会からのお知らせ

  島津座長からブログ休止のお知らせに際しまして、多くの皆様から調査隊の方へも更新継続へのご要望をいただきました。座長になり代わり御礼を申し上げます。

 座長に伝えたところそれならばと。座長からのあえての依頼と承認のもと、あくまでも読者の皆様のコメントや個人情報は見ずに守ることを誓約し、調査隊の私(鳥濱)と齋藤、南條の三名で「博士の独り言」維持委員会をこの1日に結成し、この「博士の独り言 II」の管理を当面行わせていただくことにしました。

 内容的には、読者の皆様のご投稿の紹介をはわあじめ、これまでの座長の講義や講演の転載や文字落しが主な内容になりますが、交替で一日一度は更新して行くことにしましたので、皆様のクリック応援をお願いします。


鳥濱 直倫
----------

【4月1日】敷島の家族を思う心
【4月2日】一期一会の心
【4月3日】カルトに騙されない学生生活を

----------


敷島調査隊につき

 敷島に有るべき大計は、二十年、三十年後、さらに五十年後、百年後を見据えたまさに「人の育成」にその根幹をなすものであるべきであり、身の郷里の伝統でもあります。国思う活動を通じての、 あらゆる場を通じての若者への問いかけと育成、ひいてはこの先での国思う大学(敷島大学)を通じての数多の人材輩出に身を捧げてまいります。

 以前からお話しして来たことですが、敷島民間防衛調査隊の活動はその実地研鑽の場であり、私兵組織の類では在り得ない。間違って私兵組織になれば直ちに解散します。敷島の次代のために、臨機応変に、且つ機敏に人を守り国を護る心の素地を各人個々それなりに鍛え上げておく。そのための場に過ぎません。力を合わせて国害を共に退治してまりましょう。

(平成25年8月23日の座長伝達より)
----------
 メルマガ「週刊特亜犯罪」(登録・配信無料)も宜しくお願いします。
-------

 ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

日本を毅然と護ろう!     
20140331007
敷島の桜花 (壁紙)(島津座長撮影)(平成26年)
----------

↓携帯からも応援を! 

http://blog.with2.net/link.php?1655479
-------
↓頑張れ調査隊!と応援くださる方はクリックを!
20140201000

2015/04/02(木) 05:50:00 [メルマガより]

20140201000 
(宗隷仲間内で)脅迫事件、中国に2億円送金

 インターネットの映像チャットでわいせつな行為に及んだ763人から当時の画像をばらまくなどとして金銭を脅し取り、中国の犯罪組織に送金していたグループが摘発された。

 京畿地方警察庁広域捜査隊は24日、恐喝などの疑いで、韓国側の総責任者で中国籍のS容疑者(36)ら5人を逮捕し、7人を在宅のまま立件。逃走した2人を指名手配した。容疑者14人のうち9人は中国籍。

 容疑者らは昨年6月から先月まで携帯電話端末を使った映像チャットでわいせつな行為に及んだ男性に対する脅迫を繰り返し、他人名義の口座に入金された20億ウォン(約2億1700万円)を中国の犯罪組織に送金した疑い。

 中国の犯罪組織は、女性が登場する映像チャットで男性にわいせつな行為をさせ、それを録画した上で、「男性の携帯電話に保存された知人の連絡先をハッキングした。送金に応じなければ、映像をばらまく」などと脅していた。中国側の組織は昨年9月、実際に支払いに応じなかった男性のわいせつ映像を男性の義父に送りつけ、家庭問題を起こした。

 逮捕された容疑者のうちS容疑者ら2人は、ソウル市永登浦区大林洞で違法な両替所を運営し、入金されたウォンを人民元に交換した上で中国に送金していた。警察はS容疑者ら2人の口座から中国に310億ウォン(約33億6000万円)が送金されたことを確認し、明らかになっていいる被害金額20億ウォンのほかにも余罪があるとみて調べている。

 被害者は大学生、既婚男性など年齢層がさまざまで、37人は要求額を支払えず、銀行口座を開設した上で、容疑者に提供していた。捜査関係者によると、容疑者らは中国の組織への送金額について供述を拒んでいるという。

朝鮮日報 205年3月25日付
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/25/2015032501405.html
-------

ゆすりの宗主国から変質文化の隷賊が脅される

 宗隷の実態をふと垣間見れる“ニュース(朝鮮日報)”だ。あれこれ理由をつけて日本にゆすりたかりを入れても、まともに反応しなくなった。そらなら仲間内で、というところか。

 事実とすれば、変質下(しも)文化の超大国韓国(南朝鮮)のしもべたちに変質画像を送らせた。それらを宗主国の罠人たちが脅しのネタに使い、尋常ならぬ額の送金をさせていたという。笑うに笑える事例である。


 民間防衛の予備知識を皆で共有し、これら下賤の“文化”の日本への侵入を許してはならない。同時に、他山の石とすべきではないか。
-------

許氏宅に加え副議長宅も
マツタケ不正輸入「外貨獲得」目的か 京都府警など4府県警

  日本政府による経済制裁の一環で輸入が全面禁止されている北朝鮮から、中国産と偽ってマツタケを輸入したとして、京都、神奈川、島根、山口各府県警の合同捜査本部は26日、外為法違反の疑いで東京都台東区の貿易会社「東方」の社長ら2人を逮捕した。関係先として、朝鮮総連の許宗萬議長、南昇祐副議長の自宅など6カ所に家宅捜索に入った。朝鮮総連トップの自宅に家宅捜索が入るのは極めて異例。

 逮捕されたのは、いずれも韓国籍で、同社社長の李東徹容疑者(61)=千葉県市川市=と同社社員の金芳彦容疑者(42)=東京都江東区。捜査本部によると、李容疑者は「理解できない」、金容疑者は「身に覚えがない」と供述し、いずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は平成22年9月24日、北朝鮮産のマツタケ約1200キロ(輸入申告価格約300万円)を、中国・上海を経由して中国産と偽って不正に輸入したとしている。

 輸入されたマツタケは日本国内で販売されており、捜査本部は外貨獲得が目的とみて詳しく調べている。捜査本部によると、不正輸入には朝鮮総連や別の会社が関与していた可能性があるといい、捜査本部は26年5月、同容疑で関係先十数カ所を家宅捜索。押収した証拠品を精査し、不正輸入を裏付けた。

 許氏は多額の資金を集め、本国に送金する“功績”をあげていたとみられ、警察の捜査が及んだことで、朝鮮総連だけでなく、北朝鮮からの強い反発も予想される。

 日本は北朝鮮の核実験に伴い、経済制裁の一環として、平成18年から北朝鮮からの輸入を全面禁止。輸出についても21年から全面禁止にしている。

産経新聞 平成27年3月26日付 

 http://www.sankei.com/west/news/150326/wst1503260027-n1.html
----------

裏付けが取れた「ほんの一例」とみなした方が

 “中国産”偽装の北朝鮮産(製)の“輸入”は「マツタケ」のみならず、「ハマグリ」「アサリ」などが知られているが。他、業務向けの魚介類、山菜類など。はたまた服飾類にいたるまで、宗主国経由のロンダリングで、朝鮮総連らの事実上の仲介でこの日本へ入って来ているとみられる品々は少なくない。その“手数料”的な利益を自組織維持の資金の一部にしている。そうした状況が有ると伺っている。

 一網打尽にすべきだが、しかし事例が一つや二つではなく、ロンダリングが幾重にも重ねられているために、法廷審理に耐える証拠固めをなすまでに相応の時間を要する。結果、平成22年の事例が今頃出て来るという経緯も有る様子。すでに捜査で固めている事例を、拉致事件の交渉の進展を図る意味から総連締め付けのために出す事例も少なくない様子だが。
----------

  以上をご認識の隅に加えておいていただければ、“ニュース”の見え方も違って来る。且つ民間防衛の予備知識の共有に役立てていただけるものと思います。

 桜花の時候に際し、親愛なる読者皆様の益々のご健勝、ご清栄をお祈りします。

島津 義広
----------
メルマガ「特亜犯罪」平成27年第11号より
----------


敷島調査隊につき

 敷島に有るべき大計は、二十年、三十年後、さらに五十年後、百年後を見据えたまさに「人の育成」にその根幹をなすものであるべきであり、身の郷里の伝統でもあります。国思う活動を通じての、 あらゆる場を通じての若者への問いかけと育成、ひいてはこの先での国思う大学(敷島大学)を通じての数多の人材輩出に身を捧げてまいります。

 以前からお話しして来たことですが、敷島民間防衛調査隊の活動はその実地研鑽の場であり、私兵組織の類では在り得ない。間違って私兵組織になれば直ちに解散します。敷島の次代のために、臨機応変に、且つ機敏に人を守り国を護る心の素地を各人個々それなりに鍛え上げておく。そのための場に過ぎません。力を合わせて国害を共に退治してまりましょう。

(平成25年8月23日の座長伝達より)
----------
 メルマガ「週刊特亜犯罪」(登録・配信無料)も宜しくお願いします。
----------

日本を毅然と護ろう!      
20150402001
敷島の桜花 (壁紙)(島津座長撮影)(平成27年)
----------

↓携帯からも応援を! 
http://blog.with2.net/link.php?1655479
-------
↓特亜系犯罪殲滅を!と応援くださる方はクリックを!
20140201000

2015/04/01(水) 09:13:11 [メルマガより]

20140201000 
意見書活動の四月

 四月は「敷島民間防衛会議」としての、意見書活動に力を入れてまいります。座長と敷島民間防衛会議一同として呈するわけですが、ケースによっては賛同くださる有志皆様の連名状の添付もと考えています。

 座長や私達と同じように思想、政治、カルトに関する団体、組織には無縁の方のご協力を仰ぐことが有るかもしれません。その時は宜しくお願いします。
----------

■ 最近の特亜犯罪

▼ 中区でカジノ店摘発 県警が4容疑者逮捕

 県警生活保安課と伊勢佐木署は16日、賭博開帳図利の疑いで、横浜市中区福富町仲通のカジノ店「黒王」を摘発し、韓国籍で同店責任者の男(41)=同区末吉町1丁目=と34~38歳の男女3人を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午後1時45分ごろ、同店内の賭博場で20~50代の男女=賭博容疑で書類送検予定=にバカラをさせて手数料を集めた、としている。

 県警によると、責任者の男は「2014年5月に開業した」と供述している。同店(約330平方メートル)は、地上7階地下1階建ての雑居ビルの4階に入居していた。県警は同日、バカラ台4台とルーレット台1台を押収した。

神奈川新聞 平成27年3月17日付
 http://www.kanaloco.jp/article/85542/cms_id/131461
-------

パチンコから「カジノへ民族移動」

 座長がブログで指摘して来たように、「カジノ」を合法化したいとする動きに合せるように、業界ではパチンコから「カジノへ民族移動」する傾向が観られます。「朝鮮系」にとって、政府がカジノを委ねるとする民間業界の業種偽装や人脈のロンダリングは伝統技のはずです。私たちが、是々非々で「カジノ法案」には反対する理由の一つです。

 上記の事例は、その流れの中のほんのハエ一匹ではないかと認識しています。カジノの可否の以前に、パチンコは当然廃止するべき賭博だと認識していますし、将来の国幹を担う青少年をきちんと育てるためには、賭博は一つでもより多く追放して当たり前と考えています。
-------

▼ 座長の指摘稿(平成24年)「賭博業者は「カジノ」へ「業種間移動」するだけ」

 「駅前賭博(当ブログ命名)については、国内から放逐する代替策として、一部から「カジノ」振興の動きが有った。だが、果たして、そのコンセプトが賭博を放逐するに一見寄与するとしても、賭博業者は「カジノ」へ衣替えして実質的な「業種間移動」で逃げるだけ。そう先読みし得る「実態」を如実に表しているのが表題の事例であると。こう考察すれば、事の「答え」は自ずから出て来よう。」(ご参照を↓)

賭博業界「ゴルフに照準」考 2012/12/24
 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-1443.html 
----------
以上、メルマガ「特亜犯罪」平成27年第10号より
----------

 座長がブログ更新を休止されたのが残念でなりません。国思う活動で消耗し尽した中で、納税(滞納分)他のために売却し現時点ではPCが無い状況とのことです。懸案の対外書籍の内容の綿密な編纂と詰めなど、出版社とのやり取りに必要なため5月頃までに最低限のものを手にできるように頑張りたいとのことでした。頁数が多く外国語による編纂のために二、三カ月集中する必要が有るとのことです。ブログ活動の方でも早期復帰をと願う一人です。

鳥濱 直倫
----------

敷島調査隊につき


 敷島に有るべき大計は、二十年、三十年後、さらに五十年後、百年後を見据えたまさに「人の育成」にその根幹をなすものであるべきであり、身の郷里の伝統でもあります。国思う活動を通じての、 あらゆる場を通じての若者への問いかけと育成、ひいてはこの先での国思う大学(敷島大学)を通じての数多の人材輩出に身を捧げてまいります。

 以前からお話しして来たことですが、敷島民間防衛調査隊の活動はその実地研鑽の場であり、私兵組織の類では在り得ない。間違って私兵組織になれば直ちに解散します。敷島の次代のために、臨機応変に、且つ機敏に人を守り国を護る心の素地を各人個々それなりに鍛え上げておく。そのための場に過ぎません。力を合わせて国害を共に退治してまりましょう。

(平成25年8月23日の座長伝達より)
----------
 メルマガ「週刊特亜犯罪」(登録・配信無料)も宜しくお願いします。
-------

 ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

日本を毅然と護ろう!     
20140331007
敷島の桜花 (壁紙)(島津座長撮影)(平成26年)
----------

↓携帯からも応援を! 
http://blog.with2.net/link.php?1655479
-------
↓カジノは日本に不要!と応援くださる方はクリックを!
20140201000