--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/02/16(日) 19:40:00 [対日毀損の現状]

20140201000 
「障害者2人を無給で強制労働」と

20140216002
韓国、障害者2人を無給で強制労働
 韓国で離島の塩田に売り飛ばされ、無給で長時間労働を強いられていた障害者2人が警察に救出され、衝撃を与えている。周辺でも同様の事例が相次いで見つかり、朴槿恵大統領は14日、徹底的な調査と根絶を指示した。2人は知的障害のある男性(48)と視覚障害のある男性(40)。警察によると、無認可の職業紹介業者に「いい働き口がある」などとだまされ、それぞれ2008年と12年に南西部、木浦から船で約2時間の新衣島の塩田にそれぞれ売り渡された。2人は5時間ばかりの睡眠時間しか取れず、日常的に暴行を受けるなどのひどい扱いを受けていた。
-----
 視覚障害の男性が先月、雇用主の目を盗み母親に助けを求める手紙を郵送、母親がソウルの警察に届け出て発覚。捜査員が塩の買い付け業者を装い島内を探し回り、2人を見つけて助け出した。以上、共同通信産経新聞 平成26年2月16日朝刊 購入紙面(14面)より「調査隊」の参考資料として参照 寄稿島津 義広
----------

地金の露呈

 事実とすれば、韓国(南朝鮮)の「地金露呈」と謂うべきか。キーワードは、「人身売買」「強制労働」「無給」である。

 数年前、宗主国・支那には四千カ所以上の強制収容所が存在し、思想犯や反政府分子と見た多くの自国民を無報酬さながらに強制労働させている。また、多数の子供の人身売買は絶えず、あるいは性“産業”向けや臓器移植用に売買され、あるいは“労働力”として同国内の地方工場などで強制的に働かせている(要旨)との、支那系メディアの記事を参照し、同国のおぞましい地金の露呈と旧来の読者(博士の独り言)の皆様へ問わせていただいたことが有った。

 その宗主国と歩調を合わせてか、北朝鮮内の収容所の苛烈の様子も海外の一部メディアが漏れ出てくる情報を度々報じ、そうした記事についても、以前、参照させていただいた。例に漏れず、隷国の南朝鮮でも国家的な売春事業の他、規模の差、“業種”の違いこそ有れど、似通った事例が徘徊している。表題はその傍証の一つと謂えよう。
----------

毀日プロパガンダは己の「正体隠し」

 毀日プロパガンダの捏造史観の中で“日本軍による強制連行”を盛んに謳って来たが、史実に照らされて都合悪しとみてか、今度は「徴用」による“被害”“人権侵害”などを持ち出し、謝罪要求と賠償請求に出て来ている。
(*1)

 だが、戦時徴用はいずこの国でも有った史実であり、日本における戦時徴用は、徴兵を含めて併合下の「日本国朝鮮地方」からのみならず、日本国内の日本人多数が受けた史実に他ならない。無論、報酬は支払われる仕組みに在り、まして人身売買いによる戦力、労働力の確保では先ず無かった。

 むしろ、己の王朝(李王朝)時代に、無数の自国民を狩り集め、三世紀にもまがたる長期間にわたって労働用、性用、食用の「奴隷」を宗主国に定期的に納めていたのはどこの国か。また、その悪癖の伝統を今日の激しいまでの男尊女卑や10万人をゆうに超える売春婦輸出を国是としているのはどこの国か。

 彼の宗隷二国〈三国)の対日毀損のプロパガンダは、実は己の心理投射にもとずく「正体隠し」。つまり己のボロ隠しに他ならないのである。(*2)
----------

弱者を騙し、売り飛ばす「伝統」

 騙して売り飛ばす。これも宗隷の伝統技ではないのか。「無認可の職業紹介業者に「いい働き口がある」などとだまされ、それぞれ2008年と12年に南西部、木浦から船で約2時間の新衣島の塩田にそれぞれ売り渡された」(表題)としているが、この事例もまた、その伝統技を傍証する一つと謂えよう。

 日本を騙し、世界を騙す。さらに自国民すら騙す。むしろそれで“成り立って”来たのが宗隷の実態であり、癒えぬ地金と謂えよう。なお、「南朝鮮の虚構」に克明に記して行くが、以上に類する事例は南朝鮮でも決して例外的事件なく、彼らの「同胞」が多くを占める暴力団や特殊なカルト組織などによる数多の事件に観られるように、掘り下げれば芋づる式に事例が数多と出て来ることをあえて予告させていただきたい。

 万一の“東海自治区”“日本自治区”とも成り果てれば、日本人が同様の被害に遭うことは火を見るより明らかだ。かくなる特異性極まる一部の領土侵略、人口侵略を国是とする国々とは厳として一線を引き、対ソマリアと同様に国交を持たない。国民の安全と命と財産を守るため、そのレベルのスタンスが必要不可欠である。
----------

付記

*1. 南朝鮮では、志願制を併用しながらも今日でも徴兵制が敷かれている。その現実をどう説明するのか。


*2. 朝鮮人業者らが農村や貧しい家から娘を買い取り、あるいは高給広告を謳って集めて己が経営する売娼宿で軍人相手に商売させたのが史実だ。騙されて連れて行かれたとする“慰安婦”らの“証言”は、むしろ南朝鮮が謳う「強制」性の否定にもつながるものであり、「従軍」などではさらさら無かった証明とも謂えよう。まして騙した輩が「日本軍」ではなく、朝鮮人業者らであったとする「事実」に置き換えれば、今日の自国の姿(実態)をむしろ逆証するものとなる。「真実を隠して、嘘を隠さない」南朝鮮の本領発揮と謂えよう。

----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。微力な存在ですが、どうか一つでも目立つ位置へ押し上げてやってください。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

日本を毅然と護ろう!
  
20140216001
敷島の桜花 (島津義広撮影)(平成25年春)(初公開)
----------

↓携帯からも応援を!
 http://blog.with2.net/link.php?1246192
-------
↓【韓国の嘘、実態を全世界に周知を!】と応援くださる方はクリックを!
20140201000 

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。