--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/05/27(水) 17:05:00 [メルマガより]

20140201000 
団体とは無関係

 調査隊の濱中です。座長のブログを見てビックリしました。一部の方から、私たち「敷島民間防衛調査隊」が「しきしま」を名乗る団体と間違えられていたようです。しかし、私たちは無関係ですし、そもそも「敷島民間防衛調査隊」は団体ではありません。猫はいますけど、帰化系の人間とかは一人もいません。

 粛々とですね、不法滞在者や残留者やらを法規に準じてそれぞれのお国へ帰ってもらっている。そういう敷島人の品格ある活動をして来たのが「敷島民間防衛調査隊です。
----------

実際、そうでしょう?

 一般に“行動”と称するものはいろいろ有ると思います。しかしそれが本当に日本にとって有益なものなのか、どうか確認したら良いものも有るのではないでしょうか? たとえばデモして帰れ!とか怒鳴って、不法滞在者の皆さんは帰国しますか?しないでしょう。日教組は解体せよと怒鳴って、日教組の皆さんが「はいそうですか」と解体しますか? 韓国と同じように騒いでも何も解決しないのです。

 大勢で声を出していれば何かしているように錯覚するのはカルト宗教と同じです。それらも元々は朝鮮系の文化やということにですね、一般の方々も気づいてほしいです。余談になりましたが、この辺もご理解いただきたくお願いします。
----------

■ 最近の特亜犯罪

▼ 中国人の女、交差点で5人をひき逃げ…1人死亡

  2日午前10時50分頃、浜松市中区鍛冶町のJR浜松駅近くのスクランブル交差点で、横断中の歩行者5人が赤信号を無視した乗用車に次々とはねられた。

 このうち、同市中区上島の主婦水鳥真希さん(31)が頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認されたほか、水鳥さんの夫(31)と生後10か月の娘を含む男女計4人が手や足などに軽いけがをした。乗用車はそのまま逃走し、200メートルほど離れた別の交差点で信号待ちしていた車に衝突して止まった。

 浜松中央署は、乗用車を運転していた中国籍の于静容疑者(32)(浜松市東区有玉南町)を緊急逮捕し、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで調べている。

・読売新聞 平成27年5月2日付
 http://news.livedoor.com/article/detail/10073735/
-------

相手があってこその交通事故

 交通事故でも、よく相手があってこその事故やいうことが言われています。どういうことかといえばですね、こちらが注意して交通法規を守っていても、向こうから来るクルマやトラックとかが不注意だったり、メンタルな発作状態だったりしたら事故になることがあるので、こちらは二重の注意というか防御が必要ですねということだと私は理解しています。

 特に支那の皆さんには運転が乱暴な傾向がありますから、怖いですね。支那の皆さんが運転するクルマはナンバープレートを赤にするとか。朝鮮系の皆さんのは朝鮮系の三色にするとかですね、わかりやすくしてほしいですね。
----------

▽ 座長記

・敷島調査隊は団体とは無関係  2015/05/08
 http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-3610.html
-------

 読者皆様の益々のご健勝、ご清栄をお祈りします。

濱中 健太郎
-------
メルマガ「特亜犯罪」 平成27年第20号より
----------
-----------

敷島調査隊につき

 敷島に有るべき大計は、二十年、三十年後、さらに五十年後、百年後を見据えたまさに「人の育成」にその根幹をなすものであるべきであり、身の郷里の伝統でもあります。国思う活動を通じての、 あらゆる場を通じての若者への問いかけと育成、ひいてはこの先での国思う大学(敷島大学)を通じての数多の人材輩出に身を捧げてまいります。

 以前からお話しして来たことですが、敷島民間防衛調査隊の活動はその実地研鑽の場であり、私兵組織の類では在り得ない。間違って私兵組織になれば直ちに解散します。敷島の次代のために、臨機応変に、且つ機敏に人を守り国を護る心の素地を各人個々それなりに鍛え上げておく。そのための場に過ぎません。力を合わせて国害を共に退治してまりましょう。

(平成25年8月23日の座長伝達より)
----------
 メルマガ「週刊特亜犯罪」(登録・配信無料)も宜しくお願いします。
-------

 ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

日本を毅然と護ろう!      
20150527001
敷島の桜花 (壁紙)(島津座長撮影)(平成27年)
----------

↓携帯からも応援を! 
http://blog.with2.net/link.php?1655479
-------
↓調査隊を応援くださる方はクリックを!
20140201000

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。