--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/05/18(月) 09:25:00 [メルマガより]

20140201000 
調査隊は23名に

 調査隊の鳥濱です。新年度になり、進学した青少年講座のメンバー4名の志願を受け入れ、こちらも組織ではないのですが敷島民間防衛調査隊のメンバーになりました。一方で、博士課程に進んだ隊員1名には、分野に専念をとの座長の意向により調査隊を卒業し、敷島民間防衛会議の協力網に加わっていただきました。

 その結果、敷島民間防衛調査隊は系23名の規模になり、民間防衛会議の国思う協力網の方は30名を超えました。現在、財務の事情から、調査活動での各自の交通費の半分を補うのが精一杯の状態ですが、協力し合って頑張りたいです。
----------

■ 最近の特亜犯罪

▼ 降車したばかりの客をひき逃げか タクシー運転手を逮捕

 3月31日午前3時50分ごろ、大阪府豊中市内の市道で、71歳の女性がタクシーにはねられる事故が起きた。女性は収容先の病院で死亡。警察は「事故を起こしたかもしれない」として出頭してきた79歳のタクシー運転手の男を逮捕している。

 大阪府警・豊中南署によると、現場は豊中市日出町1丁目付近で車線区別のない幅員約3.5mの直線区間。71歳の女性はタクシーから降車した直後、方向転換を行ったタクシーにはねられたものとみられる。

 タクシーを運転していた韓国籍を持つ79歳の男は「事故を起こしたかもしれない」として同署に出頭。これを受けた同署員が現場へ確認に向かったところ、路上に倒れている女性を発見。近くの病院へ収容したが、全身強打が原因で約5時間後に死亡している。警察は男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。

 女性は現場まで男のタクシーに乗車したとみられるが、聴取に対して男は「女性客を現場まで乗せたが、それが被害者なのかわからない」、「最初は脱輪したかと思った」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。

・Response 15 2015年4月3日付
 http://response.jp/article/2015/04/03/248288.html
-------

タクシー業界に多い韓国籍

 座長、濱中が先号で指摘していたことですし、読者の皆様にはよくご存知の実態かもしれませんが。有名な「青木タクシー」とか「ミナミ交通」など、タクシー業界には「韓国籍」が多い様子です。「韓国籍」といっても日本には「韓国籍」の「朝鮮籍者が5万人以上いる」(李明博 韓国前大統領)との通り、タクシー業界の中にも少なからず存在している可能性が有ります。

 さらに、タクシーの運転者証には通名表示している「韓国籍」ドライバーが大多数です。そのため北朝鮮の工作員が運転するタクシーも有り得るでしょう。世間話をしながら、諜報活動をしている可能性も有ります。通名が廃止になれば、ドライバーがまず在日「韓国籍」なのかも判りやすくなりますが、タクシーを利用する際に「会社の景気はいかがですか?」などと尋ねられても、警戒する必要が有ります。
----------

 親愛なる読者皆様の益々のご健勝、ご清栄をお祈りします。

鳥濱 直倫
-------
(以上、メルマガ「特亜犯罪」平成27年第13号より)
-----------


敷島調査隊につき

 敷島に有るべき大計は、二十年、三十年後、さらに五十年後、百年後を見据えたまさに「人の育成」にその根幹をなすものであるべきであり、身の郷里の伝統でもあります。国思う活動を通じての、 あらゆる場を通じての若者への問いかけと育成、ひいてはこの先での国思う大学(敷島大学)を通じての数多の人材輩出に身を捧げてまいります。

 以前からお話しして来たことですが、敷島民間防衛調査隊の活動はその実地研鑽の場であり、私兵組織の類では在り得ない。間違って私兵組織になれば直ちに解散します。敷島の次代のために、臨機応変に、且つ機敏に人を守り国を護る心の素地を各人個々それなりに鍛え上げておく。そのための場に過ぎません。力を合わせて国害を共に退治してまりましょう。

(平成25年8月23日の座長伝達より)
----------
 メルマガ「週刊特亜犯罪」(登録・配信無料)も宜しくお願いします。
-------

 ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

日本を毅然と護ろう!
      
20150518002
敷島の桜花 (壁紙)(島津座長撮影)(平成27年)
----------

↓携帯からも応援を! 

http://blog.with2.net/link.php?1655479
-------
↓調査隊を応援くださる方はクリックを!
20140201000

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。