--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/03/22(日) 07:01:00 [メルマガより]

20140201000 
「通名レストラン」も要注意

 調査隊の濱中です。独身ということもあって、どうしても外食の機会が多いです。残業で疲れた時なんかはその方が手軽だし。ということで、地方へ赴任してから行きつけのレストランが4つほど見つけたれども、そのうちの2つは通名レストランであることが判りました。水とおしぼりを運んでくれる店員さんに訊いたのがきっかけでした。

 2つとも地元では老舗とわれる店で創業「60年以上になる」とか謳っています。でも安倍さんが「戦後70年談話」を進めてはるいう話でハッと気付きました。日曜日に資料館へ行って郷土資料をいろいろ調べたら、2つとも戦後の混乱の時期に、パチンコ屋や高利貸しの事務所なんかと同じように一等地に忽然と建ったことが判りました。

 現在のそれぞれのオーナーもですね、おじいさんの代でこの地でレストランを始めたとか語っているけれども、「おじいさん」の出身地やそれ以前の時代は何してはったのか、語ろうとしないとのことでピンと来ました。

 で、2つのうち片方ですが、オーナーの本当の名前が「李」さんということや今も韓国(南朝鮮)籍であることが判りました。もう片方の人は、お父さんの代で「高」さんから帰化してその一文字を加えた姓に変えた人で、おまけに創価学会の幹部もしてはるということも判りました。店員さんやレジのおばちゃんもお仲間で構成されていて、店を早終いすることが多かった。その理由も会合に出るためだったのだろう、と頭の中でしっかりつながりました。

 こういうパターンは全国でも少なくないのかもしれません。パチンコ屋や高利貸しよりマシといえるのかもしれません。しかし、こういう「通名レストラン」は、「通名教会」と同じように不法者を囲って厨房で雇ったり、お仲間のコミニュティの連絡拠点になっていたりします。彼らの資金源にされる筋合いは無いし。行きつけの店にする時は、なるべくそのバックグランドを調べてからにした方が良いのではないでしょうか。
----------

■ 最近の特亜犯罪

▼ 遺産着服、横領罪で公判中の弁護士を除名処分 大阪弁護士会

  大阪弁護士会は10日、依頼者から預かった相続遺産を着服したとして業務上横領容疑で逮捕、同罪で起訴された同会所属の弁護士、梁英哲被告(41)=韓国籍、公判中=を同日付で除名処分にしたと発表した。同会の調査に着服を認め、事務所経費などに流用したと説明しているという。

 同会によると、梁被告は平成24~25年、死亡した母親の遺産分割の依頼を受けた相続人4人から預かっていた遺産約2900万円を着服した。同会は「横領額が大きく、一切の被害回復措置も講じられていない」とし、懲戒処分で最も重い除名が相当と判断した。

・産経新聞 平成27年3月10日付
 http://www.sankei.com/west/news/150311/wst1503110033-n1.html
-------

着服、ピンハネ、ネコババは在日系の常癖

 社会正義のために貢献しはるはずの弁護士がこれではね。と思う事件が少なくありません。でも事件をよく観てみると、正体が在日系や帰化系だったりすることが多いですね。預かるフリをして他人の遺産を着服するとは。着服がバレても弁済しようとしていない。“輝かしい”彼らの伝統国技の発揚といえるでしょう。

 創価学会の副会長が、信者から預かった約2億円を着服したという事件が何年か有りましたけど。着服、ピンハネ、ネコババはこの系統の常癖でしょうね。カルト教団自体がそれらを“合法的”にやっている集団ですし、抱えている顧問弁護士の皆さんも「それなり」でしかないでしょう。社会正義はどこへ消えたんや。司法試験に国籍条項をきちんと明確化して、資格を与える時は「公人」あつかいで個人情報保護法(在日保護法)の対象外とする。たとえ「国民」であってもですね、帰化歴を含む家系情報を開示すべきだと問うて来た島津座長の指摘は的を射ています。
----------

▼ 留学生から保険証借り受診、中国人の女逮捕

 元高校職員の中国人の女が、中国人留学生の女から借りた国民健康保険証を使って診察を受けたなどとして、逮捕された。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、中国人で元高校職員の駱キン(音へんに欠)芸容疑者(24)と、専門学校生の尹玉イ(王へんに韋)容疑者(23)。警視庁によると、駱容疑者は去年3月、東京・池袋の病院で尹容疑者の国民健康保険証で診察を受け、診療報酬など8000円相当を不正に交付させた疑いが持たれている。駱容疑者は高校で留学生の受
け入れを担当していて、尹容疑者と知り合ったという。


 駱容疑者は他人名義の保険証を他にも複数持っていて、警視庁は所持の経緯について調べている。

・日テレNEWS 24 平成27年3月11日付
 http://www.news24.jp/articles/2015/03/11/07270814.html
-------

お仲間同士での「使い回し」は特亜の伝統国技

 他人名義の健康保険証を使い回す。これも特亜国籍の皆さんの伝統国技ですね。上記のケースは中国(支那)国籍者ですけれども。宗主国に負けてなるものかとばかりに南朝鮮籍者が同じようなことをしていたのが発覚して逮捕されました。

 健康保険証に限らずですね、なにがしの会員証とかヨドバシカメラのポイントカードとかの使い回しも横行しているとのことです。たとえばレジ担当の人が「?」と気付いてもその場での指摘が難しい。指摘すると大声で騒いだり、威圧的な態度をとったりして店の中が騒然化する心配が有るので云えない。

 店長に報告してもですね、まあ、しゃあないわで上層部へは報告を上げない。そんな例がぎょうさん有りまんね。濱中さん、何とかしてやという相談が来ることも有ります。

 身分証やカードが本人のものではないことが判った時点で不正使用の履歴を付けて、使えないようにするとか。システムから自動的に警察や入国管理局に通報するとかの仕組みが有って良いのかもしれませんね。
----------

「池袋」「留学生受け入れ」

 上記の容疑者の直接容疑ですが、「去年3月、東京・池袋の病院で尹容疑者の国民健康保険証で診察を受け、診療報酬など8000円相当を不正に交付させた疑いが持たれている」と有ります。他人の国民健康保険証を使って一定の“自己負担分”を払った。しかし他人の保険証を使ったのだから無効であって、当然、それ以外に国から出た分(診療報酬)の分を払わなければならないのに事実上日本に払わせたという事例ですね。

 キーワードは「池袋」「留学生受け入れ」です。事前予告無しの一斉捜査を入れてみたらどうでしょうか。不法がぎょうさん出て来るのかもしれません。真面目に働らいて保険料を納付している我々日本人を守るために。通常国並みに捜査を厳格化して良いと思います。
----------

 コンビニのことを前の号で書きました。悪意ではなくてですね、このくらいの実態を皆様が知っていても良い。そのつもりで書いていますけれども。濱中さんは何で悪口を書くのかと。座長宛に押し寄せて来るのと同じようなクレームが最近増えています。事実の指摘は悪口などではありません。この点をご理解いただきたいです。

濱中 健太郎
-------
平成27年第8号より
-----------

敷島調査隊につき

 敷島に有るべき大計は、二十年、三十年後、さらに五十年後、百年後を見据えたまさに「人の育成」にその根幹をなすものであるべきであり、身の郷里の伝統でもあります。国思う活動を通じての、 あらゆる場を通じての若者への問いかけと育成、ひいてはこの先での国思う大学(敷島大学)を通じての数多の人材輩出に身を捧げてまいります。

 以前からお話しして来たことですが、敷島民間防衛調査隊の活動はその実地研鑽の場であり、私兵組織の類では在り得ない。間違って私兵組織になれば直ちに解散します。敷島の次代のために、臨機応変に、且つ機敏に人を守り国を護る心の素地を各人個々それなりに鍛え上げておく。そのための場に過ぎません。力を合わせて国害を共に退治してまりましょう。

(平成25年8月23日の座長伝達より)
----------
 メルマガ「週刊特亜犯罪」(登録・配信無料)も宜しくお願いします。
-------

 ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

日本を毅然と護ろう!   
   
20150323001
敷島の桜花 (壁紙)(島津座長撮影)(平成27年)
----------

↓携帯からも応援を! 
http://blog.with2.net/link.php?1655479
-------
↓頑張れ、調査隊!と応援くださる方はクリックを!
20140201000

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。