--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/03/14(土) 19:01:00 [挨拶]

20140201000 
 在日ラーメン店が多い

 調査隊の濱中です。読者の皆様には我々のメルマガ、ブログを辛抱して読んでいただき、いつも感謝しています。

 住む近くでラーメン店が開店しました。ラーメンの他に、「キムチチャーハン」とか「ビビンバラーメン」とか。一目で入りたくなくなるようなメニュー看板がステキです。入った近所の人に聞いたら、レジやった手で「手づかみ」のトッピングしてはるそうです。毎日新聞とか、聖教新聞やSGグラフなんかも置いているとのことで、なおさら入りたくないです。
----------

■ 最近の特亜犯罪

▼ 下関の逃走男を逮捕 麻薬特例法違反容疑で

  山口県下関市で2月6日、県警が麻薬特例法違反容疑で家宅捜索しようとした際、韓国籍の職業不詳文健二容疑者(57)=下関市竹崎町=が刃物を振り回して逃走した事件で、広島、山口、福岡県警の合同捜査本部は28日、同容疑で山口県警下関署に出頭してきた文容疑者を逮捕した。

 合同捜査本部によると、文容疑者は28日午後7時10分ごろ、知人に連れられ出頭した。逃走時とは違う服装だったという。


 逮捕容疑は、昨年6月、下関市内のコンビニ駐車場で知人から覚せい剤の粉末0・4グラムを譲り受けた疑い。


・共同通信/JP 47NEWS 平成27年2月28日付
 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000045437.html
-------

刃物を振り回して逃げる

 麻薬の不法所持で家宅捜索された韓国人が、刃物を振り回して逃げた。指名手配になった。逃げてから約3週間後先月28日夜になって、逃げ切れないと観念して「知人に連れられ出頭した」というニュースです。ほなら潔く最初からお縄になってですね、税金遣わせてくれるなと云いたくなります。

 特亜犯罪ではですね、容疑者が逃走するという事例が絶えません。特に在日特亜籍の場合は、お仲間のコミニュティや通名教会なんかが各地に出来合上がっていますから、そこへ逃げ込めば“こっちのもんや”と勝手に思うて、当たり前のように逃げるんでしょう。

 無職とか、職業不詳とかの朝鮮人がなんで日本国内をウロウロしているのか。我々もずっと問いかけて来ましたけれども。本筋から云えばですね。そんなもの「日本でウロウロしていないで、自分の国で頑張りなさいよ」と。他の同じようなお仲間や通名牧師らと一緒にですね、“NO THANK YOU!” ののし付けて送還すれば良いです。送還に「永久」の二文字つけて。
----------

▼ 中国人男女5人を逮捕=空き部屋利用、商品詐取容疑?福岡県警など

 他人名義のクレジットカード情報を使って商品を不正注文し、マンション空き室などで受け取ったなどとして、福岡、山口両県警は24日までに、窃盗、詐欺容疑などで、無職劉金龍容疑者(26)=大阪市淀川区木川東=、大学生郁修遠容疑者(20)=福岡市東区原田=ら中国籍の男女5人を逮捕した。

 福岡県警によると、劉容疑者は容疑を一部否認し、郁容疑者は「二十数件、荷物を受け取った」などと供述しているという。

 逮捕容疑によると、5人は昨年3~11月、不正入手したカードの番号を使いオンラインショップでノートパソコンなどを注文、福岡市内のマンション空き室や自宅で受け取るなどした疑いが持たれている。 


・時事通信/ウォールストリートジャーナル 平成27年2月24日付
 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000045437.html
-------

他人名義のクレジットカード情報の入手

 他人名義のクレジットカード情報を盗む。この種の犯罪は支那本国と在日支那人がが組織的に連携しておよぶ犯罪パターンの一つです。たとえば出張で上海に行った。奥さんに内緒でお持ち帰り付きのカラオケに行かはった。シャワーを浴びている間に、女が上着や財布の中からクレジットカードを探し出して番号や名義をメモに控えるとかして盗む。そんな「クレジットカード情報」がですね、赤の他人の在日支那人らに使われたり。

 その逆に、鴬谷とか錦糸町でルンルン気分でシャワーを浴びてる間に盗まれたカード情報がですね、たとえば、カードの所有者が気がつけば。青島とか北京でチャイナマフィアか使っていたとかですね。そのような犯例がものすごく増えているとのことです。誰かが無断で使こても当の所有者に請求書が来るまでに日数がかかるので、賊らはそれらを知っていてですね、「それ、今のうちや」と集中的に使うとのことです。

 たとえばですね。情報盗難用の専用の偽カードを警視庁が発明したりして、第三者が使こたら即出動してお縄やという仕組みを設けたりしても良いのではないかと思いますが。やはり多い「ネットで盗難に遭った」りしたケースでは、カード情報が盗難にあっても所有者が請求者が来るまで気付かないケースが多いとのことですので、要注意ですね。
----------

被害品のほとんどは「即転売」

 これも特亜犯罪では典型的ですが、品物もほどんと戻って来ません。上記のように他人のカード情報で無断“購入”した物品についてもですね、お仲間のコミュニティで安く転売するとか、転売で買うたのが支那人旅行者の場合はそのまま国へ持ち帰るとか。ネットの激写ショップ販売などで消えてしまいます。

 島津座長がブログで、特亜コミュニティでの盗品の転送速度というか、転売速度を指摘していました。たとえば夜荻窪で盗んだ品物が、その翌朝はコミュニティの心斎橋の“市場”に出ていたなどという例はザラです。

 千葉県の隊員がですね、支那人経営の激写ショップに盗品が流れているという情報を掴んで通報したことが有りました。ようやく捜査が入った時は、古いマンションの一室はもぬけの空やったという。心有る日本人が総警察化した方が早いのではないかと思える昨今です。
----------

 次の番でまたお会いしましょう。皆様のご健勝をお祈りします。

濱中 健太郎
-------
平成27年3月1-2日 平成27年第5号より抜粋
-------

変なメッセージ要りません

 読者の方にお世話になっています。読者ではない方面からだと思いますけれども、「阪神が優勝でけへんのはお前のせいや」とか。「道頓堀川に突き落としたる、夜道は歩かん方がええで」とか。スパムで仰山送られて来ます。件名に「調査お願い」とか。「生野区出身のあの通名タレントについて」とか書いて来られると、つい開けてしまいます。変なメッセージ要りませんので宜しくお願いします。
-----------

敷島調査隊につき

 敷島に有るべき大計は、二十年、三十年後、さらに五十年後、百年後を見据えたまさに「人の育成」にその根幹をなすものであるべきであり、身の郷里の伝統でもあります。国思う活動を通じての、 あらゆる場を通じての若者への問いかけと育成、ひいてはこの先での国思う大学(敷島大学)を通じての数多の人材輩出に身を捧げてまいります。

 以前からお話しして来たことですが、敷島民間防衛調査隊の活動はその実地研鑽の場であり、私兵組織の類では在り得ない。間違って私兵組織になれば直ちに解散します。敷島の次代のために、臨機応変に、且つ機敏に人を守り国を護る心の素地を各人個々それなりに鍛え上げておく。そのための場に過ぎません。力を合わせて国害を共に退治してまりましょう。

(平成25年8月23日の座長伝達より)
----------
 メルマガ「週刊特亜犯罪」(登録・配信無料)も宜しくお願いします。
-------

 ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

日本を毅然と護ろう!     
20140331007
敷島の桜花 (壁紙)(島津座長撮影)(平成26年)
----------

↓携帯からも応援を! 
http://blog.with2.net/link.php?1655479
-------
↓頑張れ、敷島民間防衛調査隊!と応援くださる方はクリックを!
20140201000

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。