--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/04/07(月) 22:20:00 [国内情報一般]

 
「公明外し」潰しに成功?

20140407002
みんなの党、存続の危機=「与党化」路線も破綻-渡辺代表辞任
 みんなの党の渡辺喜美代表が7日、自らの借入金問題の責任を取って辞任を表明した。「ワンマン政党」「個人商店」と呼ばれ、渡辺氏の強烈な個性に依拠してきた同党にとって、結党以来最大の危機だ。渡辺氏は安倍晋三首相に安保政策などで協力する「責任野党」として活路を見いだそうとしていたが、代表辞任で前提は崩れた。渡辺氏が距離を置いてきた野党再編の動きにも影響しそうだ。以上、冒頭より/時事通信Web) 平成26年4月7日付記事より調査隊の日記の参考資料として参照  
寄稿・島津 義広
----------

安倍政権からの「公明外し」潰しがまんまと成功

 表題は、「みんなの党の渡辺喜美代表が7日、自らの借入金問題の責任を取って辞任を表明した」と伝えるニュース(時事通信)である。先年7月の参院選の時期での渡辺氏の不行が、何故、この時期なのかと。そう観ておられた読者も少なからずおられることかと思う。

 あくまでも筆者の個人的「読み」に過ぎないだが、あえての指摘させていただければ、集団的自衛権の議論を端緒の一つにしての、安倍政権からの「公明外し」潰しがまんまと成功した、ということではないか。

 渡辺氏ご自身は潔癖な政治家とは言い難く、今般の出来事も決して感心でし得るものではないが。しかし、政局の流れとしては「集団的自衛権」をめぐる政策協力を端緒にして「みんなの党」が自民党と連立し、さらに、たとえば、旧太陽の党が維新から離脱してそれに加われば、最早、公明党は要らない。否、公明党との連立よりはるかにベターな連立が可能になる。その新たな連立像すらほのかに見えて来るかの矢先での、まさに絶妙なタイミングでの今般の出来事であったと。状況をそのようにも観る一人である。
----------

DHC経営層にも創価信者が

 ディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明氏(会長)が渡辺氏に計8億円を貸したとする情報を週刊誌面に渡したのは誰か。その元は、おそらく吉田会長をとりまく同社の経営層の誰かであろうとも推察し得る。その経営層の中には、他の大手企業の場合もまた然りと拝察するが、創価信者が複数入り込んでいる、との指摘は以前からなされていたことだ。

 ということは、公明党が寄生先の現政権から離れることが無いようにと。そのために、このタイミングでリークした。いわば、公明党が自らの手を汚さずに、政権から離れないように手助けしたと。そうも考察できる次第である。
----------

執拗な朝鮮系

 組織に限らず、個人に限らず。朝鮮系は執拗だ。そのDNAがおりなす寄生本能のためか、細胞騒動の帰化系者もさながらだが、執拗なまでにしゃぶりついて来る。巷のストーカーもまた然りである。「千年ストーカー」の朴槿惠(パク・クネ)氏が典型的な一人であると同様に、巷のストーカーの多くが朝鮮系(またはその帰化系)、カルト系と指摘し得る実態もその「執拗さ」を証する傍証の一つと謂えよう。

 同時に、そこに朝鮮系の弱点もそこにあるわけだが、その考察(対策)の一つ一つについては、今後の「民間防衛/防災のしおり」の中で隊員と共に皆様に報告してまいりたい。
-----------

 読者の皆様にはご多忙の中、敷島調査隊ブログへ日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

日本を毅然と護ろう!    
20140406006
敷島の桜花 (島津撮影)(平成26年)
----------

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。