--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/04/06(日) 20:25:00 [対日毀損の現状]

 
爆走する妄想病理

20140406001
竹島トンデモ訴訟 門前払い 松江地裁 韓国人活動家をガツン
 島根県・竹島をめぐる、韓国人のトンデモ訴訟が門前払いとなった。県が制定した「竹島の日」(2月22日)条例について、韓国の活動家が「領土編入した告示の原本がない」といった事実無根の根拠をもとに、条例無効を求める民事訴訟を起こしていたが、松江地裁は毅然として「却下」したのだ。常識や理屈が通じない隣人には、正攻法でガツンとやるしかなさそうだ。以上、冒頭より/ 夕刊フジ 平成26年4月6日号 (座長)購入紙面(2面)より調査隊の参考資料として参照 齋藤 直也
-------

■ 齋藤 直也 敷島調査隊 資料庫担当。「青少年講座」出身
----------

「無知蒙昧の言いがかり」意外の何物でもない

 資料庫の資料の一つをもとに一稿させていただきます。韓国(南朝鮮)の市民団体「独島を日本に知らせる運動連帯(独島連)」の会長・ペ・サムジュン氏(60)が、島根県制定の「竹島の日」(2月22日)条例に対し、「「領土編入した告示の原本がない」といった事実無根の根拠をもとに、条例無効を求める民事訴訟を起こしていたが」と。しかし、「松江地裁は毅然として「却下」した」と伝える紙面(夕刊フジ)を参照させていただきます。

 「訴状によると」として、「島根県が2005年に制定した「竹島の日」条例について、「日本国民に、大韓民国の領土を誤認する混沌を与える」と主張」と。「さらに、「(条例が)両国間の平和を破壊する事件発生の懸念があり、(ペ氏の)高血圧と糖尿病が悪化し、精神的苦痛を与えている」などと、トンデモない理由をもとに、条例の無効確認を求めていた」としています。

 「訴訟」が事実とすれば、良き目に指摘しても「無知蒙昧の言いがかり」意外の何物でもないことが、学生の私にさえ判りますし、「島根県竹島」を勝手に“自国領”と宣伝する南朝鮮の国内報道やその嘘を植え付ける教育がいかに「事実」を外した虚構と粉飾に満ちたデタラメであるかを反映した、それを証明する事例の一つと指摘できるのではないでしょうか。
----------

厳然とした史実

 紙面も「 竹島は、江戸時代から日本人による継続的な漁業の操業実態があり、明治政府が1905(明治38)年1月、島根県編入を閣議決定した」と。「これを受けて、島根県知事が同年2月、竹島編入を告知した「島根県告示第40号」が現存している」としています。

 さらに紙面は、「歴史上も国際法上も、竹島は日本固有の領土であり、韓国が不法占拠しているにすぎない」と念押ししています。あえて云えば、明治38年の島根県への正式編入は領土確認の節目であり、何もその時から日本領土になったわけではない。それ以前の、残っている数々の記録の中でも江戸時代から日本の漁場であり、事実上の領土であったことがいくらでも証明できる。そういうことですよね。

 島津座長の「青少年講座」を中学生の頃から受講して来た中でも、質問に応える形で度々教わって来た内容でもあります。隊員の鳥濱が同期で、南條が一年先輩です。皆の共通した感想ですが、どのような質問にも明解に答えてくれる講座のおかげで、ものの観方、考え方が随分明晰になった実感がします。そして、真の教育とは洗脳ではなく、事実をもとにした啓蒙、啓発なんだということに気付ことが出来ました。余談ですみません。
----------

盲爆の繰り返し

 本題に戻りますが、この原告の人も、まともな思考が出来ないようです。紙面は、「ペ氏は無効の根拠として「告示の原本がない」と主張した」と。「昨年11月、島根県庁で「原本を見せろ」と要求したところ、きちんと印刷された告示が出てきた」と。さらに紙面は、「ペ氏は帰国後、「(当時は印刷技術がなかったはずで)手書きの原本が焼失したのを確認した」と記者会見を開いたのだが、これが大間違い。韓国と違い、日本では印刷技術が確立されていたのだ」と指摘しています。

 嘘を指摘されると、また次の嘘をつく。その嘘を指摘されると、また新しい嘘をつく。嘘の塗り重ねですね。資料庫担当として隊の調査資料をまとめる上で、朝鮮人の記録資料のほとんどに共通している性癖です。やはり「DNA」なのでしょう。

 原告のぺ氏が、国技の「訴訟」パフォーマンスでアピールしようとした様子が書かれていますが、「松江地裁は先月31日、「行政訴訟の対象にならない」と訴えを却下した」としています。訴訟にもなっていないということですね。こういう盲爆の繰り返しが今後も続くのかもしれませんが、理路整然と撥ね退ける。それが盲爆撃退に有効なヒントの一つであることを、松江地裁の事例が教えてくれているのではないでしょうか。
----------

■ 参考資料

竹島の日を祝し 
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、敷島調査隊ブログへの日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

日本を毅然と護ろう!    
20140406002
敷島の梅花 (島津座長撮影)(平成26年)
----------

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。