--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/03/24(月) 20:25:00 [対日毀損の現状]

20140201000 
「宗隷」原点への回帰

20140324002
中韓首脳、安重根記念館で連帯強化 3カ国会談前、歴史問題で対日共闘
  
欧州歴訪中の中国の習近平国家主席は23日、オランダで韓国の朴槿恵大統領と会談した。韓国大統領府によると、習氏は朝鮮の独立運動家、安重根の記念館が中国黒竜江省ハルビン市に建設されたことで中韓両国民の連帯感が強まったと表明。朴氏は中韓の友好関係の象徴となると応じ、中韓が25日の日米韓首脳会談に先立ち、歴史問題で対日共闘姿勢を確認した。
-----
 初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根の記念館は、今年1月に開館。菅義偉官房長官が安重根について「死刑判決を受けたテロリスト」と述べ、韓国側が反発した経緯がある。習氏は、日本の植民地支配に抵抗した朝鮮人部隊「光復軍」を記念する石碑が近く、拠点のあった中国・西安に完成するとも説明した。朴氏は「意義深く思う」と述べた。石碑の設置は朴氏が昨年6月に訪中した際、中国側に要請していた。習氏と朴氏による正式な首脳会談は今回で3回目。以上、産経新聞Web) 平成26年3月24日付記事より調査隊の参考資料として参照  写真は聯合ニュース(韓国紙)の広告より参照  寄稿・島津 義広
----------

「宗隷」原点への回帰

 宗主国・支那への隷属の「原点」への回帰。朴槿惠(パク・クネ)大統領の韓国(南朝鮮)はその動きを加速している様子だ。「小中華」と呼ばれて久しい南朝鮮の面目躍如といったところか。

 朴大統領がお望みの通り、南朝鮮がやがての段階を経て中華圏となる日はそう遠くあるまい。実は、その“壮大”なるシナリオこそが、中国共産党の手の内、すなわち対外解放(侵略)工作の一環なのだが。
----------

侵略組織「中国共産党」による大虐殺

 未だに、「そんなことは有りえない」。「平和を望む中国はそんなことをしたりしない」と。そうした声が聞こえて来る。本当にそう思われるのかとよく尋ねてみれば、創価学会の信者であったりするなど。そうした興味深い人にたまに出くわすことがある。

 たとえば、1997年にフランスで出版された『共産主義黒書』(Le livre noir du communisme, Editions Robert Laffont, Paris, 1997)によればだが。中国共産党による「中華人民共和国」の建国以来の殺害は膨大な数に上る、との概算値が記されている。著者のジャン・ルイ・マルゴラン氏は、信頼でき得る数値として、三年余に渡った国民党との内戦期(犠牲となった自国民は三千万人とも四千万人を指摘されている)を除いた犠牲者数を次のように概括し、同書の中に記している。

 中国共産党の「体制によって暴力的に死に至らしめられた人」が700万~1000万人(チベット人を含むとするが、数十万人と過少)。「「反革命派」としてラーゲリに収容し、そこで死亡させた人」が約2000万人。「大躍進期(1959~61年)に餓死した人」は2000万~4300万人と。

 さらに、諸団体の概算によれば、中国共産党が東トルキスタン(新疆ウィグル自治区)で実施した核実験(約50回)による汚染で75万人が死亡と。さらに「計画育成」政策のもとで750万人の胎児を強制的に堕胎させ、さらに、「政治犯」として50万人を殺害と。チベットでは人民解放軍の軍事侵攻以来の犠牲者は150万人(仏教誌・大法輪)におよぶと指摘されている。

 「生命の尊厳」を謳いながらも、これらの惨劇には目を瞑り“中国は親”、“朝鮮は兄”だと教団信者を洗脳して止まず、「池田センセイ」からして大虐殺に一言も換言を付したことが無い。その実態は「洗脳」の次元を超えて、もはや中国共産党と謂う「国際テロ組織」を幇助するカルト結社と指摘せざるを得まい。
----------

予測し得るこの先の「中華シナリオ」

 その創価学会が近年最も教勢を伸ばしたとされる南朝鮮では、宗主国への回帰と共に、南北統一への動静が再び頭をもたげて来ている様子。

 概ねだが、予測し得るこの先の中華のご都合のシナリオはこうだ。日本の資金で先ず「南北統一」をと。その後に、統一した朝鮮を宗主国が実質的に吸収して中華圏とする。

 その次の段階で、沖縄“独立”、“大阪都”が“実現”していれば、そそくさと沖縄、“大阪都”を「東海自治区」に吸収する動きに出る可能性が窺える。日本を内部から割譲せしめて吸収しやすくするために、自らの手は汚さずして沖縄では“独立”運動を、大阪では“大阪都”構想の推進をなさしめる。そうしたシナリオがあからさまに観えて来るのは筆者一人ではあるまい。良識がいよいよ目覚めるべき時と謂える。良識による国体護持の上であらぬ外禍、国害を撃退して行くことを願って止まない。
---------

汝らこそが自国の「歴史」を直視せよ

 以上に問う視点をご参考に、表題のような“中韓共闘”のニュースや、どこぞの教授と細胞騒動の誰それさんのツーショット写真をも彷彿させる習・朴両氏の写真報道も、同様にその先が知れたものとしてご覧いただけるのかもしれない。

20140324005
「聯合ニュース」(Web)より
-------

 日本に対して、己の捏造史観をもとにした“歴史問題”しか持ち出せないとう惨態を裏返せば、日本はかの国々に対する「貸し」は無数に有っても、「借り」は特に無い。その証左とも謂えるのである。

 そして、その汝らこそが自国の惨劇、また惨劇の「歴史」を直視すべきであり、“歴史問題”の目を自国にこそ向けるべき筋道に在ることは謂うまでもないことだ。筆者の寄稿では、以降の数稿にわたって宗隷の「歴史問題」に言及して行くので、ご参考としていただければ幸いである。
----------

【筆者記】


 決死の執筆となるが、無論、上記のマルゴラン氏に劣らない精度での「南朝鮮の虚構」を著して行く。「中韓」に共通して指摘できる「事実」は、かの国々の“歴史問題”が嘘、また嘘の上塗りでしかないという「事実」である。
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。いよいよ桜開花。皆様のご健勝をお祈りします。

----------

日本を毅然と護ろう!    
20140323005
敷島の梅花 (壁紙)(島津撮影)(平成26年) 相馬にて 
----------

↓携帯からも応援を!
 http://blog.with2.net/link.php?1246192
-------
↓【中韓はいい加減にしろ!】と思われる方はクリックを!
20140201000 

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。