--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/10/27(月) 07:35:00 [闇政治/闇法案]

20140201000 
道州制とかカジノとか
日本はそんな場合じゃないはず!

道州制法案を白紙撤回 自民本部長「県廃止は非現実的」
 
自民党道州制推進本部の佐田玄一郎本部長は24日、党内で議論してきた道州制推進基本法案を事実上白紙撤回し、新たな法案を来年の通常国会に提出する意向を示した。これまで前提としてきた都道府県の廃止を「現実的でない」と否定し、複数の県による広域連合の機能強化を推進すべきだと強調した。道州制像を抜本的に転換するもので、制度の推進を求める地方自治体からの反発は必至だ。

 党内議論も仕切り直しが必要になるなど、混乱を招く可能性が高く、佐田氏の意向通りに法案を提出できるかどうかは見通せない状況だ。


(「新潟日報」(Web) 平成26年10月24日付記事より)
----------

「道州制法案」関連は撤回を

 これまでの道州制法案の考えに有った「都道府県の廃止は現実的ではない」と撤回して「広域連合の機能強化を推進すべきだ」と。「自民党道州制推進本部の佐田玄一郎本部長」が「道州制推進基本法案を事実上白紙撤回し、新たな法案を来年の通常国会に提出する意向を示した」とする記事を当欄に参照させていただきます。

 南北朝鮮と同じ道州制案を撤回して広域連合の機能強化を推進するなら、現在の東北とか北陸とか近畿とかをそれぞれ「広域連合」として明確に定義し、地方行政の中身の就実に努力すればそれ良いだけの話ではないかと思います。

 壊し屋の「朝鮮 人民主党」はとっくに話になっていません。かろうじて自民党が日本人の政党なら、北朝鮮や中国に倣った「特区」とか。帰化系都知事とか。日韓議連とかはもう止めにしてください。日本は日本で伝統を踏まえて日本らしく「日本のための政治」を行える政党が必要です。

 私の独断を書いて申しわけないですけれど、今の自民党を観ていると自民党ですら、日本らしい「日本のための政治」を考えてはる議員さんがぜいぜい三割いてはるかどうかのレベルのなのが心配です。公約の改憲の話が出て来んで河野談話の見直しはしないとか。消費税増税とか。カジノとか。外国人労働者の増加政策とか。そんな場合じゃないはずです。じくじくたる思いです。

 誰のために、何のために政治してはるのか。ここで保守政治の原点を見直していただきたいです。外国人の生保準用や通名制度の廃止も必須です。

濱中 健太郎
----------

敷島調査隊につき

 敷島に有るべき大計は、二十年、三十年後、さらに五十年後、百年後を見据えたまさに「人の育成」にその根幹をなすものであるべきであり、身の郷里の伝統でもあります。国思う活動を通じての、 あらゆる場を通じての若者への問いかけと育成、ひいてはこの先での国思う大学(敷島大学)を通じての数多の人材輩出に身を捧げてまいります。

 以前からお話しして来たことですが、敷島民間防衛調査隊の活動はその実地研鑽の場であり、私兵組織の類では在り得ない。間違って私兵組織になれば直ちに解散します。敷島の次代のために、臨機応変に、且つ機敏に人を守り国を護る心の素地を各人個々それなりに鍛え上げておく。そのための場に過ぎません。力を合わせて国害を共に退治してまりましょう。

(平成25年8月23日の座長伝達より)
----------
 メルマガ「週刊特亜犯罪」(登録・配信無料)も宜しくお願いします。
-------

 ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

日本を毅然と護ろう!      
20141026001
敷島の壁紙 (島津座長撮影)(平成26年)
----------

↓携帯からも応援を! 
http://blog.with2.net/link.php?1655479
-------
↓【国体の護持と弥栄を良識の手で!】と応援くださる方はクリックを!
20140201000

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。