--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/04/06(日) 20:25:00 [対日毀損の現状]

 
爆走する妄想病理

20140406001
竹島トンデモ訴訟 門前払い 松江地裁 韓国人活動家をガツン
 島根県・竹島をめぐる、韓国人のトンデモ訴訟が門前払いとなった。県が制定した「竹島の日」(2月22日)条例について、韓国の活動家が「領土編入した告示の原本がない」といった事実無根の根拠をもとに、条例無効を求める民事訴訟を起こしていたが、松江地裁は毅然として「却下」したのだ。常識や理屈が通じない隣人には、正攻法でガツンとやるしかなさそうだ。以上、冒頭より/ 夕刊フジ 平成26年4月6日号 (座長)購入紙面(2面)より調査隊の参考資料として参照 齋藤 直也
-------

■ 齋藤 直也 敷島調査隊 資料庫担当。「青少年講座」出身
----------

「無知蒙昧の言いがかり」意外の何物でもない

 資料庫の資料の一つをもとに一稿させていただきます。韓国(南朝鮮)の市民団体「独島を日本に知らせる運動連帯(独島連)」の会長・ペ・サムジュン氏(60)が、島根県制定の「竹島の日」(2月22日)条例に対し、「「領土編入した告示の原本がない」といった事実無根の根拠をもとに、条例無効を求める民事訴訟を起こしていたが」と。しかし、「松江地裁は毅然として「却下」した」と伝える紙面(夕刊フジ)を参照させていただきます。

 「訴状によると」として、「島根県が2005年に制定した「竹島の日」条例について、「日本国民に、大韓民国の領土を誤認する混沌を与える」と主張」と。「さらに、「(条例が)両国間の平和を破壊する事件発生の懸念があり、(ペ氏の)高血圧と糖尿病が悪化し、精神的苦痛を与えている」などと、トンデモない理由をもとに、条例の無効確認を求めていた」としています。

 「訴訟」が事実とすれば、良き目に指摘しても「無知蒙昧の言いがかり」意外の何物でもないことが、学生の私にさえ判りますし、「島根県竹島」を勝手に“自国領”と宣伝する南朝鮮の国内報道やその嘘を植え付ける教育がいかに「事実」を外した虚構と粉飾に満ちたデタラメであるかを反映した、それを証明する事例の一つと指摘できるのではないでしょうか。
----------

厳然とした史実

 紙面も「 竹島は、江戸時代から日本人による継続的な漁業の操業実態があり、明治政府が1905(明治38)年1月、島根県編入を閣議決定した」と。「これを受けて、島根県知事が同年2月、竹島編入を告知した「島根県告示第40号」が現存している」としています。

 さらに紙面は、「歴史上も国際法上も、竹島は日本固有の領土であり、韓国が不法占拠しているにすぎない」と念押ししています。あえて云えば、明治38年の島根県への正式編入は領土確認の節目であり、何もその時から日本領土になったわけではない。それ以前の、残っている数々の記録の中でも江戸時代から日本の漁場であり、事実上の領土であったことがいくらでも証明できる。そういうことですよね。

 島津座長の「青少年講座」を中学生の頃から受講して来た中でも、質問に応える形で度々教わって来た内容でもあります。隊員の鳥濱が同期で、南條が一年先輩です。皆の共通した感想ですが、どのような質問にも明解に答えてくれる講座のおかげで、ものの観方、考え方が随分明晰になった実感がします。そして、真の教育とは洗脳ではなく、事実をもとにした啓蒙、啓発なんだということに気付ことが出来ました。余談ですみません。
----------

盲爆の繰り返し

 本題に戻りますが、この原告の人も、まともな思考が出来ないようです。紙面は、「ペ氏は無効の根拠として「告示の原本がない」と主張した」と。「昨年11月、島根県庁で「原本を見せろ」と要求したところ、きちんと印刷された告示が出てきた」と。さらに紙面は、「ペ氏は帰国後、「(当時は印刷技術がなかったはずで)手書きの原本が焼失したのを確認した」と記者会見を開いたのだが、これが大間違い。韓国と違い、日本では印刷技術が確立されていたのだ」と指摘しています。

 嘘を指摘されると、また次の嘘をつく。その嘘を指摘されると、また新しい嘘をつく。嘘の塗り重ねですね。資料庫担当として隊の調査資料をまとめる上で、朝鮮人の記録資料のほとんどに共通している性癖です。やはり「DNA」なのでしょう。

 原告のぺ氏が、国技の「訴訟」パフォーマンスでアピールしようとした様子が書かれていますが、「松江地裁は先月31日、「行政訴訟の対象にならない」と訴えを却下した」としています。訴訟にもなっていないということですね。こういう盲爆の繰り返しが今後も続くのかもしれませんが、理路整然と撥ね退ける。それが盲爆撃退に有効なヒントの一つであることを、松江地裁の事例が教えてくれているのではないでしょうか。
----------

■ 参考資料

竹島の日を祝し 
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、敷島調査隊ブログへの日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

日本を毅然と護ろう!    
20140406002
敷島の梅花 (島津座長撮影)(平成26年)
----------

スポンサーサイト

2014/04/04(金) 11:20:00 [対日毀損の現状]

 
断末魔の中国共産党

20140404005
「南京30万人虐殺」の妄言を撒き散らす「習近平」国家主席
 手前勝手で傍若無人、非礼で無礼で夜郎自大。いくら言葉を並べてみても足りないのではないかと思わせられるほど、中国の傲岸は目に余る。3月28日、ドイツで「南京30万人大虐殺」の虚妄講演を行った習近平国家主席(60)。平気で嘘を吐く彼に付ける薬はないのか。以上、冒頭より/ 週刊新潮 平成26年4月10日号 購入誌面(P36)より調査隊の参考資料として参照 
寄稿・島津 義広
----------

断末魔の中国共産党

 今後の参考のため、表題誌面をクリップさせていただきたい。最近、身勝手な暴走ぶりが際立つ中国共産党政府の習近平氏(国家主席)だが、その言動に現下の支那に充満する病的なまでの内騒内乱の突き上げが集約されている。共産党指導層がこれまで反日毀日で国内をまとめようとして来たが、最早「効き目」を失って来ており、対外戦争惹起の方向でしか内患を抑えられなくなっている。

 その標的が日本であり、極める言動の先には開戦誘導への「有事のスイッチ」を入れるしかない。その焦燥の表れと謂えよう。

 一部の世論には、「日中首脳会談」が未だに行われていないことをその要因に挙げる声が見受けられるが、むしろ共産党政府が醸し出した現下の支那の国状に照らせば、首脳会談開催は新たな誘発事項、口実を与えかねないために危険であり、様々な誘導には一切乗らずに距離を置き、安全保障の強化に傾注して来た安倍総理の対中スタンスは、むしろ国護る筋道において理に適っており、正解である。
----------

一、二年では修復困難な「民主党政権の爪痕」

 民主党政権が約39カ月間に事極まるかのように遺した爪痕は、早々に、この一、二年では修復困難ではないかと拝考する一人である。

 国状はさまざまな厳しさを胚胎しているが、しかし、かの野田政権末期に、たとえば、対韓外交でさえ「日韓基本条約」の実質的な破棄にも該当するあらぬ事項を並べ立てて“ご機嫌”を伺っていた。あの民主党政権がもしも後一年続いていたら一体どうなっていただろうか。ふとそう考えるだけでも空怖ろしく感じられてならない恢復への兆しを見せ始めている現在の国状の方が遥かにベターと考える一人である。
----------

「南京30万人虐殺」は明らかな国家毀損

 表題誌面は、「3月28日、ドイツ(ベルリン)で「南京30万人大虐殺」の講演を行った習近平国家主席(60)」の言動に触れ、「約70年前、日本軍は中国・南京に侵略し、30万人以上もの中国人を殺すという残虐な犯罪を行った」と。習氏が語ったとしている。いみじくも一国家の首長でありながらも、ネガティブに特定の国を名指しすること自体が非常識極まりないが、それの言が虚妄にもとづくものであれば、それもまた最早対日「国家毀損」と指摘せざるを得ない。

 誌面は、現代歴史家の秦郁彦(はたいくひこ)氏による、「場所を間違えましたね。ホロコーストの過去を持つドイツの人々は、戦時中のナチスの蛮行を連想させるかのような彼(習氏)の物言いに、「古傷を思い出させるな」、「中国だって国連の人権委員会で度々、問題視されている。そんな国に言われたくない」と感じたことでしょう」との指摘を紹介している。民間防衛調査の視点からすれば、「ホロコーストの過去」については、有無を含めてその実態の検証を要することだが。それにしても、しかし、秦氏の指摘の通り、習氏の言に不快を抱いたドイツ人聴衆は少なくないのではないか。
----------

「虚妄の毀損」は必ず支那に跳ね返る

 南京での局地戦は確かに史実である。戦時下それゆえの両軍双方の犠牲者も出たのもまた史実に違いない。だが、戦時下における局地戦は世界に数多と存在して来た事例であり、南京のみに限ったことでは無い。件の「30万人虐殺」については、中国共産党の機関紙(人民網(人民日報)との提携(広岡社長当時)を組んだ朝日新聞が捏造記事を喧伝し始め、それらが流布するまでの間(1972年(昭和47年))までは、中華人民共和国年々の国定教科書にさえ記されていなかった。それも事実である。

 あたかも、それまで尖閣諸島を日本領と認めながらも、同時期に手の平を返したかのように自国領だと主張し始めた。その時期とも巧妙なまでに符合しているが、件の虚構もまた、日本人への精神侵略(内面の弱体化)を柱とする対日解放(侵略)工作の一環であることは間違いない。要綱文書に関する分析結果を遠からず公表するが、「30万人虐殺」の目的が上述であると同時に、自国の数多の殺戮史・実態(*1)のボロ隠しでもある。

 カニは己の姿に似た穴を掘ると謂う。カニを中国共産党に喩えるならば、その穴とは墓穴にも喩えられよう。「虚妄の毀損」は必ず支那に跳ね返る。
----------

付記   *1. たとえば、『共産主義黒書』 (Le livre noir du communisme, Editions Robert Laffont, Paris, 1997)によればだが、著者のジャン・ルイ・マルゴラン氏は、信頼でき得る数値として、三年余に渡った国民党との内戦期(犠牲となった自国民は三千万人とも四千万人を指摘されている)を除いた犠牲者数を次のように概括し、同書の中に記している。

 中国共産党の「体制によって暴力的に死に至らしめられた人」が700万~1000万人(チベット人を含むとするが、数十万人と過少)。「「反革命派」としてラーゲリに収容し、そこで死亡させた人」が約2000万人。「大躍進期(1959~61年)に餓死した人」は2000万~4300万人と。さらに、諸団体の概算によれば、中国共産党が東トルキスタン(新疆ウィグル自治区)で実施した核実験(約50回)による汚染で75万人が死亡と。さらに「計画育成」政策のもとで750万人の胎児を強制的に堕胎させ、さらに、「政治犯」として50万人を殺害と。チベットでは人民解放軍の軍事侵攻以来の犠牲者は150万人(仏教誌・大法輪)におよぶと指摘されている。
-----

 読者の皆様にはご多忙の中、敷島調査隊ブログへの日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。
----------

日本を毅然と護ろう!    
20140404006
敷島の桜花 (ハイビジョン対応)(島津撮影)(平成26年)
----------


2014/03/26(水) 22:45:00 [対日毀損の現状]

20140201000 
稚末に過ぎる朴槿恵氏

undefined 20140327004
日米韓首脳会談 朴大統領、無礼者 安倍に視線も合さず
 日米韓首脳会談が25日夕(日本時間26日未明)、オランダ・ハーグで開かれた。オバマ大統領の仲介のもと、安倍晋三首相と、朴槿恵(パク・クネ)大統領が就任以来、初めて正式会談に臨んだ。冷え込んだ日韓関係を改善しようと、安倍首相は韓国語も交えて接近を図ったが、朴氏は視線も合わさない無礼な態度で応じた。「反日」で凝り固まった隣国首脳の子供じみた態度が際立った。以上、冒頭より/夕刊フジ 平成26年3月27日号 購入紙面(1面)より調査隊の参考資料として参照
寄稿・島津 義広
----------

政治家に有るべき「度量」

 余裕有る身ではないが、週中などは隊員による更新がままならない。そうした時に誠に余談ながら、しかし、今後への何らかのご参考にしていただける機会が有ればと。且つ良識が確認しておいて良いと思われる問いかけの一つとして、件の朴槿恵・韓国(南朝鮮)大統領の病理分析の稿を少々はさんでまいりたい。

 いずこの国に有っても、政治家にはその立場、職位が高じるほどに「度量」が求められて然りと拝察する。また、その人間的な容量こそが政治家の資質を測る一つの尺度と観る傾向はいずこの国でも共通しているのではないか。

 好例は麻生太郎氏(現・副総理)で、人に有りがちな「好き嫌い」といった感情要素にとらわれずにつねに笑顔で、且つ誠意を以って接することで知られている。その笑顔も、たとえば、昨年の表題の朴大統領の就任式への出席など、相手によっては「笑うセールスマン」としての笑みになる時も有ろうかと拝察するが、しかし、その「度量」豊かなスタンスゆえにもたらす外交成果は少なくない。
----------

稚末に過ぎる朴槿恵氏

 表題は、日米韓首脳会談(日本時間26日未明,オランダ・ハーグ)での各首脳の様子を伝える紙面(夕刊フジ)だ。米大統領をはさんで「安倍晋三首相と、朴槿恵(パク・クネ)大統領が就任以来、初めて正式会談に臨んだ」とする紙面だが、安倍首相が笑みを浮かべて「朴大統領、お会いできてうれしく思います」と語りかけても、「ところが、朴氏は首相を一見しただけでソッポを向き、笑みはなかった」と伝えている。

 朴氏の様子について紙面は、「安倍首相が笑顔を絶やさなかったのに対し、朴氏の表情は硬いまま。オバマ氏と安倍首相が話す間もジッと下を向き、時折、唇をかみしめるしぐさまで見せた」と。さらに「反日傾向が強い韓国メディアを意識した面もあるだろうが、カメラマンが3首脳に握手を求めたが、応じなかった」と伝えている。

 事実とすれば、稚末の他ない。曲がりなりにも一国の大統領として外国首脳との「公式会談」に臨んだのであれば、相手がたとえ誰であろうとも多少の笑みなり、社交辞令を交えて接するべきはずだが、それさえも出来得なかった様子だ。
----------

毀日の自国民を“気遣う”

 無論、自国民も観ている映像を意識しての意味も有ろう。「筑波大学大学院の古田博司教授」の指摘として、「社交辞令さえ返せないという点に、朴氏の精神的な幼稚さが現れている」と。続けて「それに、朴氏は驚くほど無表情になっている。恐らく、少しでもいい顔をして国内で『日本にいい顔をした!』と批判されることを恐れているのだろう」と。

 加えて「韓国で無視は最大の侮辱である。安倍首相への態度に強い敵意が現れている。彼女は中国にすり寄り、国内の批判をかわすことでしか政権の延命を図れなくなっている」と分析する」と紹介している。この後もドイツを訪問するとのことだが、そこでも性懲りもなく毀日ストーカーさながらの「告げ口外交」を展開するとの予測も有る。

 いわば、かくなる態度は朴氏のみならず、韓国(南朝鮮)の民意そのものの表れである。ということは、南朝鮮自体が、日本を毀損することでしか「延命を図れなくなっている」との惨状を現す証左とも指摘できよう。むしろ、たとえ断交しても国益にさして影響ない対韓貿易バランスにも照らし、自ずから突き進んでいる終焉への流れに委ねた方が「自然」と謂えるのではないか。
----------

『MOU』が締結できぬのなら、韓国を外すべし

 結びには、国際政治学者の藤井厳喜氏によって「日米韓による『軍事情報保護に関する了解覚書(MOU)』が締結」の是否が問われ、今後の国益の行方を左右するかに指摘されている。だが、むしろ朴大統領が締結を拒むのであれば、それではということで、安全保障から南朝鮮を除外して行くのが本筋ではないのかと。南朝鮮系の不法者をうんざりするほど観てきた一人として、民間防衛の視座からそう拝考する一人である。

 そもそも南朝鮮も中華圏の一部とみなし、連携というよりはむしろ断交を厳として示して「国防」に資するべき相手であり、被っている領土侵略など肝心な要件には触れない「棚上げ外交」はいただけない。その在るべき「国防」の一端について、先稿に記したので、ご覧いただける機会が有れば幸いである。
----------

■ 主な関連稿

日米機密協定「韓国陥落寸前」考 2014/03/25 
安全保障から外すべき、信用ならぬ「韓国」 2014/02/18 

----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。

----------

日本を毅然と護ろう!    
20140327005
敷島の梅花 (壁紙)(島津撮影)(平成26年)
----------

↓携帯からも応援を!
 http://blog.with2.net/link.php?1246192
-------
↓【韓国とは一線、二線、断交を!】と思われる方はクリックを!
20140201000

2014/03/24(月) 20:25:00 [対日毀損の現状]

20140201000 
「宗隷」原点への回帰

20140324002
中韓首脳、安重根記念館で連帯強化 3カ国会談前、歴史問題で対日共闘
  
欧州歴訪中の中国の習近平国家主席は23日、オランダで韓国の朴槿恵大統領と会談した。韓国大統領府によると、習氏は朝鮮の独立運動家、安重根の記念館が中国黒竜江省ハルビン市に建設されたことで中韓両国民の連帯感が強まったと表明。朴氏は中韓の友好関係の象徴となると応じ、中韓が25日の日米韓首脳会談に先立ち、歴史問題で対日共闘姿勢を確認した。
-----
 初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根の記念館は、今年1月に開館。菅義偉官房長官が安重根について「死刑判決を受けたテロリスト」と述べ、韓国側が反発した経緯がある。習氏は、日本の植民地支配に抵抗した朝鮮人部隊「光復軍」を記念する石碑が近く、拠点のあった中国・西安に完成するとも説明した。朴氏は「意義深く思う」と述べた。石碑の設置は朴氏が昨年6月に訪中した際、中国側に要請していた。習氏と朴氏による正式な首脳会談は今回で3回目。以上、産経新聞Web) 平成26年3月24日付記事より調査隊の参考資料として参照  写真は聯合ニュース(韓国紙)の広告より参照  寄稿・島津 義広
----------

「宗隷」原点への回帰

 宗主国・支那への隷属の「原点」への回帰。朴槿惠(パク・クネ)大統領の韓国(南朝鮮)はその動きを加速している様子だ。「小中華」と呼ばれて久しい南朝鮮の面目躍如といったところか。

 朴大統領がお望みの通り、南朝鮮がやがての段階を経て中華圏となる日はそう遠くあるまい。実は、その“壮大”なるシナリオこそが、中国共産党の手の内、すなわち対外解放(侵略)工作の一環なのだが。
----------

侵略組織「中国共産党」による大虐殺

 未だに、「そんなことは有りえない」。「平和を望む中国はそんなことをしたりしない」と。そうした声が聞こえて来る。本当にそう思われるのかとよく尋ねてみれば、創価学会の信者であったりするなど。そうした興味深い人にたまに出くわすことがある。

 たとえば、1997年にフランスで出版された『共産主義黒書』(Le livre noir du communisme, Editions Robert Laffont, Paris, 1997)によればだが。中国共産党による「中華人民共和国」の建国以来の殺害は膨大な数に上る、との概算値が記されている。著者のジャン・ルイ・マルゴラン氏は、信頼でき得る数値として、三年余に渡った国民党との内戦期(犠牲となった自国民は三千万人とも四千万人を指摘されている)を除いた犠牲者数を次のように概括し、同書の中に記している。

 中国共産党の「体制によって暴力的に死に至らしめられた人」が700万~1000万人(チベット人を含むとするが、数十万人と過少)。「「反革命派」としてラーゲリに収容し、そこで死亡させた人」が約2000万人。「大躍進期(1959~61年)に餓死した人」は2000万~4300万人と。

 さらに、諸団体の概算によれば、中国共産党が東トルキスタン(新疆ウィグル自治区)で実施した核実験(約50回)による汚染で75万人が死亡と。さらに「計画育成」政策のもとで750万人の胎児を強制的に堕胎させ、さらに、「政治犯」として50万人を殺害と。チベットでは人民解放軍の軍事侵攻以来の犠牲者は150万人(仏教誌・大法輪)におよぶと指摘されている。

 「生命の尊厳」を謳いながらも、これらの惨劇には目を瞑り“中国は親”、“朝鮮は兄”だと教団信者を洗脳して止まず、「池田センセイ」からして大虐殺に一言も換言を付したことが無い。その実態は「洗脳」の次元を超えて、もはや中国共産党と謂う「国際テロ組織」を幇助するカルト結社と指摘せざるを得まい。
----------

予測し得るこの先の「中華シナリオ」

 その創価学会が近年最も教勢を伸ばしたとされる南朝鮮では、宗主国への回帰と共に、南北統一への動静が再び頭をもたげて来ている様子。

 概ねだが、予測し得るこの先の中華のご都合のシナリオはこうだ。日本の資金で先ず「南北統一」をと。その後に、統一した朝鮮を宗主国が実質的に吸収して中華圏とする。

 その次の段階で、沖縄“独立”、“大阪都”が“実現”していれば、そそくさと沖縄、“大阪都”を「東海自治区」に吸収する動きに出る可能性が窺える。日本を内部から割譲せしめて吸収しやすくするために、自らの手は汚さずして沖縄では“独立”運動を、大阪では“大阪都”構想の推進をなさしめる。そうしたシナリオがあからさまに観えて来るのは筆者一人ではあるまい。良識がいよいよ目覚めるべき時と謂える。良識による国体護持の上であらぬ外禍、国害を撃退して行くことを願って止まない。
---------

汝らこそが自国の「歴史」を直視せよ

 以上に問う視点をご参考に、表題のような“中韓共闘”のニュースや、どこぞの教授と細胞騒動の誰それさんのツーショット写真をも彷彿させる習・朴両氏の写真報道も、同様にその先が知れたものとしてご覧いただけるのかもしれない。

20140324005
「聯合ニュース」(Web)より
-------

 日本に対して、己の捏造史観をもとにした“歴史問題”しか持ち出せないとう惨態を裏返せば、日本はかの国々に対する「貸し」は無数に有っても、「借り」は特に無い。その証左とも謂えるのである。

 そして、その汝らこそが自国の惨劇、また惨劇の「歴史」を直視すべきであり、“歴史問題”の目を自国にこそ向けるべき筋道に在ることは謂うまでもないことだ。筆者の寄稿では、以降の数稿にわたって宗隷の「歴史問題」に言及して行くので、ご参考としていただければ幸いである。
----------

【筆者記】


 決死の執筆となるが、無論、上記のマルゴラン氏に劣らない精度での「南朝鮮の虚構」を著して行く。「中韓」に共通して指摘できる「事実」は、かの国々の“歴史問題”が嘘、また嘘の上塗りでしかないという「事実」である。
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。いよいよ桜開花。皆様のご健勝をお祈りします。

----------

日本を毅然と護ろう!    
20140323005
敷島の梅花 (壁紙)(島津撮影)(平成26年) 相馬にて 
----------

↓携帯からも応援を!
 http://blog.with2.net/link.php?1246192
-------
↓【中韓はいい加減にしろ!】と思われる方はクリックを!
20140201000 

2014/03/19(水) 13:58:00 [対日毀損の現状]

20140201000 
ブラフには「事実」「検証」で対抗を

20140319001
強制連行訴訟、初の受理 中国 日本企業へ賠償請求
 
【北京=牧野田亨】戦時中に中国から強制連行され、過酷な労働を強いられたとする中国人元労働者と遺族が日本企業2社を相手取り、謝罪と損害賠償を求め提出した訴状について、北京市第1中級人民法院(地裁)は18日、正式に受理した。原告側弁護士が明らかにした。中国人の強制連行を巡る訴状が受理されたのは初めてで、裁判が行われる見通しが強まった。
-----
 中国共産党・政府はこれまで、日中関係や日本企業の対中投資への悪影響を懸念し、同種の訴えを受理させなかった。だが、習近平(シージンピン)政権は昨年末の安倍首相の靖国神社参拝後、歴史問題で対日批判を強めており、日本企業への損害賠償請求を認める方針に転換したとみられる。同様の訴訟が相次ぐ恐れがある。以上、讀賣新聞 平成26年3月19日朝刊 購入紙面(2面)より調査隊の参考資料として参照 寄稿・島津 義広
----------

検証委の設置を

 隷族・韓国(南朝鮮)の対日徴用訴訟をヒントにしてか、何時もの「ゆすり」になかなか応じない日本政府に対し、中国共産党はついに常習の是とする「訴訟」ブラフに出て来た。そもそもの事例の中に、仮初めにも“強制連行”による労働力調達が有ったとしても、「日中共同声明」(昭和47(1972)年)により個人の戦争被害は法的な賠償請求にそぐわず(要旨)(平成20(2007)年4月の最高裁判決)とした判例が有る。その前例に照らしても理に適わない訴訟と指摘せざるを得ない。
 
 人民裁判を是として来た八百長国家でのことだ。あらぬ訴訟は、枯野に放った火のごとくにその訴訟の数を膨大化して行く可能性も窺えてならない。


 もう一つ指摘すれば、「強制連行」と中国共産党政府が主張し、その主張に則ったかのごとくにそのまま報じる日本国内のメディアの一部が、果たして真に「強制連行」の実態が有ったのか、どうか。その検証を敷いての報道なのか、どうか。この点も確認を進めて行く必要が有る。

 たとえば、現地(台湾)募集に応じて「志願して日本にやって来た。我々は決して連れて来られたのではない」(要旨)との体験を証言された元少年工の方々(留日台湾人)がおられるが、当時の支那においても同様の募集にもとづく動員ではなかったのか。宗隷がさまざまに国家毀損を仕掛けて来る。その“元”としている“歴史問題”の真相解明の一環として、表題の事例についても客観的に検証する必要が有り、政府は検証委の設置を検討すべきではないか。
----------

宗隷が恐れる「嘘バレ」

 宗隷に共通して謂えることだが、最も忌み嫌っているのが「検証」である。南朝鮮が提示した“元慰安婦”の“証言”について、日本政府が検証するとの対応を見せただけで過剰なまでの拒絶反応を示している。不正受給の通名者や密航通名者らと同様、己の「嘘がバレる」。この一点に恐怖を抱いているからだ。

 それゆえ、支那の動きに対しても、たとえば、菅長官が「そこまで云うなら、検証委を設置する」と淡々と広報してみられるのも一つかと思う。そこで中国共産党が過剰反応を示せば、「ほらね、やっぱり」ということになろう。
----------

支那、朝鮮人は5時で仕事を上がり

 「戦時徴用」については、数年前から国思う個人として、その一方で、敷島調査隊の活動の一環として、被徴用経験を持っておられる高齢者方々に聴き取り調査を地道に進めて来た。当時の状況を尋ねると共に、無論、共に働いた支那、朝鮮人についてもさまざまな角度から事例を伺いながら調べて来た次第である。

 概してだが、たとえば、物資が困窮し始めた時局に在っても、食物や待遇、衣服、住居などの面でも、どちらかと云えばそれら外来者は優遇されていた。牛肉や米が手に入った際も、優先的にお客さんである彼らに提供することも多々有った。日本人が夜の8時、9時まで働くことが有っても、支那、朝鮮人は5時で仕事を上がれるように配慮していた。そもそもが外地から志願して来てくれた人たちだから、という配慮の意識が共通して有ったなどなど。
----------

「南朝鮮の虚構」(外国語版)の中に

 これらについても、さまざまな調査過程で頂戴した資料類と共に、「南朝鮮の虚構」の中に淡々と記してまいりたい。なお、これは調査する一人としての心情だが、それらを証言し得る日本人の高齢化が進み、言い換えれば、証言し得る存在が少数化する年代になっての“歴史問題”のブラフは卑怯千万である。

 同時にさらに一つ指摘し得る一つは、“歴史問題”の対日ブラフしか無いのであなれ、その前に、宗隷それぞれに自国のおぞましい「歴史」こそを直視すべきである。一体、どれだけの命を奪い、どれだけの侵害を他国におよぼして来たか。これらについても「南朝鮮の虚構」の中に淡々と記して行くが。

平成26年3月19日
----------

 読者の皆様にはご多忙の中、日々新たなご訪問をいただき、ツイートの皆様にフォローをいただき感謝します。事実の指摘は「悪口」ではなく、真実を掘り出し、その共有のために不可欠です。ご訪問くださる読者の皆様に心より感謝します。もうすぐ桜開花。皆様のご健勝をお祈りします。
----------

日本を毅然と護ろう!    
20140318003
敷島の路傍にて (島津撮影)(平成26年)
----------

↓携帯からも応援を!
 http://blog.with2.net/link.php?1246192
-------
↓【支那はいい加減にしろ!】と思われる方はクリックを!
20140201000 

| HOME | Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。